無添加ドッグフード

MENU

AAFCOって何?

ドッグフードをよく見てみると、「AAFCO」という記載がありますよね。

ちなみに、日本では「アフコ」とも呼ばれたりしています。


そんな「AAFCO」とは一体どのような意味を持つものなのか紹介したいと思います

まずAAFCOとは、(Association of American Feed Control Official)米国飼料検査官協会のの略称名になります。

つまり、アメリカ産のドッグフードには「AAFCO」という記載があるのですね。

ちなみに、スーパーなどの市販で販売されている多くのドッグフードがアメリカ産です。

価格が安いドッグフードから高いプレミアムドッグフードまでアメリカ産のフードが多いんですね。


でも、勘違いしがちなことなのですが、AAFCOがドッグフードメーカーに直接出向いて、調べて認定しているということではないのでご注意を。


つまり、AAFCOは適正な栄養基準を定めているだけに過ぎないのです。


ですから、悪い見方をするとフードメーカー側が基準を満たしていないのにも関わらず、「AAFCO」のマークを表示していることも考えられます


また、栄養基準を満たすために手段を選ばないというやり方で、表示している業者がいる場合もあります。

例えば、死んだ家畜・病気だった家畜を原材料として使用していたり、ワンちゃんの体に悪い原材料を使用していても、栄養基準が満たせれば「AAFCO」と表示できるわけですからね。


なので、「AAFCO」の記載があるからといって、100%安全ではないということが言えます。

こうなってしまうと、アメリカ産のドッグフードはどれが良いモノなのかわからなくなってしまいますよね。

「AAFCO」の一般的な表示のされ方は「AAFCOの総合栄養食基準を満たしています。」となっているのが主流です。

これが、「AAFCO」の正しい表示の仕方になりますからね。

しかし、中には、「AAFCO認定」「AAFCO認証」「AAFCO合格」と謳っているメーカーがあるのも事実です。

前にもお話しましたが、「AAFCO」は栄養基準を定めているだけで、直接認定や認証することはありません。

このような表示のあるドッグフードメーカーは信用できませんから、購入しないほうが良いでしょう


「AAFCO」の記載があるドッグフードでも、ファインペッツなど、ワンちゃんの健康をしっかり考えてくれたドッグフードもありますけどね。

安心できるドッグフードの国際規格について

できることなら、総合栄養食であるドッグフードはより確実に!絶対に!安全なモノしか与えたくありませんよね。

そのような方は「ISO」「HACCP」「IFS」「DIN EN ISO」「SAI GLOBAL」「EKO」「KRAV」「Debio」などの記載があることを目安にすると良いでしょう。


これらの国際規格は、世界的に厳しい審査基準をクリアし、認証されているドッグフードということになりますからね。


当サイトで紹介しているドッグフードでは「SAI GLOBAL」や「EKO」「KRAV」「Debio」などの認証を受けているフードもあります

「SAI GLOBAL」の認証を受けているのが、「NDF ナチュラルドッグフード」「カナガンドッグフード」「ネルソンズドッグフード」。


「EKO」「KRAV」「Debio」の認証を受けているのが「ヤラー」。

これらのプレミアムドッグフードは国際的に高い信頼があり、厳しい審査基準を満たしています。

愛犬の健康を考えるのであれば、できればこのような国際規格の表示があるモノをお選びになることをおススメします。