無添加ドッグフード

MENU

太ってしまった愛犬に、オススメしたい5つのダイエット方法

「愛犬が太ってきた…」「このままだと病気にならないか心配…」と肥満に悩む愛犬をダイエットさせてあげたいと飼い主さんも多いのではないでしょうか?

 

人ならば、ダイエットを自ら実践していくことは可能ですが、ワンコの場合はそうはいきません。

 

 

飼い主さんが愛犬のために、一緒にダイエットをさせてあげる必要があるのです。

 

 

 

肥満気味のワンちゃんも可愛く見えますが、ワンちゃんの体にとっては決して良いことではありません。

 

ですから、標準体重に戻してあげるのは重要なことです。

 

また、イマイチ愛犬が肥満なのかわからない飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

犬種によって太って見えるワンコ、毛量が多いワンコはちょっとわかりづらい部分がありますからね。

 

その場合はBCS(ボディーコンディションスコア)で愛犬の肥満度をチェックすると良いでしょう。

 

 

 

チェックの仕方はこちらでご紹介していますので参考にしてみてくださいね⇒愛犬の肥満度をBCSでチェックする方法

 

 

もしくは、動物病院に行って獣医さんにチェックしてもらうのもオススメですよ。

 

ダイエットをする前に、適正体重を知っておくと、ダイエットへの目標ができますので、犬種ごとの適正体重を知っておくと良いでしょう。

 

適正体重に向けて飼い主さんと愛犬が楽しくダイエットできるのが一番良いですね!

 

 

 

飼い主さんの気持ち・努力次第でダイエットは成功すると思いますので、一緒に頑張っていきましょう♪

 

それでは、本題である太ってしまった愛犬のためにオススメのダイエット法をご紹介したいと思いますね。

 

肥満気味のワンちゃんにオススメのダイエット方法!5選

ドッグフードを与える回数を増やす

ドッグフードを与える回数を増やす=ドッグフードを与える量を増やすというわけではありません。

 

1日に与えるドッグフードを一度に与えるのではなく、3回〜4回に分けて与えるという方法ですね。

 

 

ドッグフードを与える回数を増やしてあげることで、消化吸収が良くなり、ダイエット効果があります。

 

愛犬の満腹感も回数が多いほど増しますので、オススメのダイエット方法です。

 

ドッグフードを切り替える

ドッグフードによってカロリーが変わってきます。

 

ですから、「ダイエット用のドッグフード」に切り替えるのもオススメですよ。

 

市販のドッグフードを与えていたという方は、代謝や健康に良い無添加オーガニックドッグフードもオススメです。

 

 

おやつを工夫して与える

愛犬の肥満となる大きな原因が「おやつ」です。

 

ワンコもおやつが大好きです。

 

 

愛くるしい目でおやつをオネダリされると、ついついあげてしまいがちですが、ここは飼い主さんも愛犬も我慢しましょう。

 

以前与えていたよりもおやつの量を少なくするのが好ましいですね。

 

もしくは、カロリーが低いおやつに切り替えるのもオススメですよ。

 

人が食べる食事は絶対に与えない

人が食べられる食べ物だから安全。

 

そのように考えて、人の食事を愛犬に与えているという方はすぐに辞めたほうが良いでしょう。

 

1日に必要なカロリーは人と犬では全然違いますし、何よりも塩分が多く含まれたりしますので、健康にも良くありませんからね。

 

 

ダイエットといえば、やっぱり運動!

ダイエットを成功させるために必要不可欠なのが、食事の内容と運動です。

 

現在の散歩時間よりも増やすと良いでしょう。

 

 

ただ、急激に散歩時間を増やしてしまうと、ワンちゃんの体にとって大きな負担となってしまいます。

 

ですから、少しずつ散歩時間を長くしていく方法がオススメです。

 

 

 

以上が愛犬にオススメのダイエット方法ですね。

 

愛犬の体重が適正値に近づくにつれて、ダイエットが楽しくなってくると思いますよ。

 

 

 

何事も楽しくやるのが一番です♪

 

愛犬の肥満解消には、飼い主さんの力が必要ですので、一緒に頑張ってあげてくださいね。

 

ただ、無理・過度なダイエットは、飼い主さん愛犬に良くないことですので、少しずつ継続してダイエットに取り組んでいくのが良いと思います。