無添加ドッグフード

MENU

愛犬の老化の症状やサインについて

大切な家族の一員である愛犬も人と同じように歳をとります。

 

 

ただ、犬の年齢と人間の年齢を比べると、犬の方が歳をとるスピードが速いです。

 

このことは動物病院で通って時やテレビでも取り上げられてますので、知っている方も多いかもしれないですね。

 

 

 

人は65歳を過ぎると、高齢者にあたる年齢になりますが、愛犬の場合は小型犬や中型犬で11歳〜12歳、大型犬で8歳〜9歳になると高齢犬になります。

 

この頃になると、シニア犬用のドッグフードに切り替えたほうが良いですね。

 

消化吸収の良いドッグフードやできれば、完全無添加の体に優しいドッグフードにしてあげたいところです。

 

 

 

それで、愛犬の老化の症状やサインについてですが、いくつか考えられます。

 

まとめると、このような感じですね。

 

白髪が増える

 

体毛が薄くなる

 

体毛にツヤがなくなってきた

 

反応が鈍くなる

 

耳が聞こえにくくなる

 

好きだった散歩を嫌がるようになる

 

寝ている時間が増える

 

睡眠時間が極端に減る

 

物などによくぶつかるようになる

 

体重が減ってくる

 

鼻が乾いていることが多くなる

 

急に噛み付くようになってきた

 

咳をすることが多くなった

 

口臭や体臭がするようになってきた

 

目が白く濁る

 

食べ物の好みが変わってきた

一般的に見られる愛犬の老化の症状やサインがこちらになります。

 

悲しいことですが、動物が歳をとってしまうのは仕方のないことです。

 

今は健康で元気な我が家の愛犬であるアリスもいずれは、老化の症状があらわれてくると思いますしね。

 

 

 

 

一時的な症状なら問題ないかもしれませんが、以上の症状を何度も繰り返すことがあれば、老化を疑ったほうが良いでしょう。

 

また、病気にかかっている可能性もありますので、動物病院に連れて行ってあげるのが一番良いと思います。

 

検査をして病気を患っていなければ、老化と診断してくれると思いますよ。

 

 

 

 

今はまだ若いワンコを飼っているという方は、愛犬が健康で元気なうちにたくさん遊んだり、散歩に連れて行ってあげてくださいね

 

愛犬の心にも、きっと楽しい思い出になってくれると思いますからね。