無添加ドッグフード

MENU

ドッグフードの選び方

ドッグフードは日本のメーカー、外国のメーカーなど様々ありますよね。

 

たくさんあることはいいことだと思いますが、結局どれがいいのか迷ってしまうこともあると思います。

 

 

中には、粗悪な原材料を使用したドッグフードもありますし。
ドッグフードは犬の主食ですから、安全・安心できるモノをあげるのが一番です。

 

 

ちなみに、「ドッグフードの選び方」については、無添加ドッグフードトップページでも簡単に紹介しています。
しかし、トップページでは載せきれなかった部分もあるので、こちらではフード選びについて、より詳細に紹介していきたいと思います

 

 

無添加であること

無添加であることは、大切なことですね。

 

添加物が入ったドッグフードを毎日撮り続けていると、健康リスクが高まってしまいます。

 

ドッグフードのパッケージに「無添加」を表記されたフードを選ぶことが重要です。

 

 

使用されている原材料をチェック!

ドッグフードによって、使用されている素材や原材料は様々です。

 

 

細かく小さい文字で記載されているので、見づらいかもしれないですが、ココは要チェックです。

 

 

良い原材料が使用されているフードは、チキン、ラム、鹿肉などがメインになっています。

 

 

これらの何がいいのかといいますと、動物性タンパク質が多く含まれていることに尽きます。

 

 

ですが、これらの原材料が使用されていても死んだ家畜や人間が食べられないお肉もあるので注意が必要です。

 

 

なので、あまりにも安すぎるドッグフードは疑ったほうがいいでしょう。

 

 

値段は通常よりも高くなってしまいますが、有名なプレミアムドッグフードなら粗悪なお肉を使っていることはほとんどないと思います。

 

 

それでも、不安だという方は公式サイトをチェックして「人間でも食べられる素材を使用」しているかチェックするといいでしょう

 

 

原材料の理想は高タンパク質・低炭水化物であること

原材料の理想が高タンパク質・低炭水化物である理由は、犬は本来肉食動物であるからです。

 

 

野生の肉食動物が取る食事は主に、お肉です。

 

 

炭水化物はほとんど摂りません。

 

 

犬は、雑食動物と違い、炭水化物を上手く消化することができないんです。

 

 

そのため、トウモロコシ、小麦といった炭水化物が多く含まれた原料を使ったドッグフードもできるだけ避けたほうがいいでしょう。

 

 

上手く消化できない炭水化物が体に蓄積されてくると、アレルギーや病気、肥満の原因にもつながってしまいますからね。

 

 

食いつきの良いドッグフードであること

ワンちゃんの体質や性格によって、ドッグフードに好き嫌いがあります

 

 

上質なプレミアム無添加ドッグフードをあげても、ワンちゃんがキチンと食べてくれなければ、無意味になってしまいます。

 

 

ですから、食いつきの良いドッグフードをあげるのも重要なことです。

 

 

でも、色々なフードをあげても中々食べてくれないワンちゃんもいると思います。

 

 

食べてくれないのは、原材料に好みの食べ物が使用されていないからです。

 

 

では、どのような原材料の食べ物が食いつきがいいのか?と言いますと「チキン」ですね。

 

 

チキンをメインとしたドッグフードはほとんどのワンちゃんの好物なので、最後の一粒までしっかり残さずに食べてくれると思います

 

チキンを使用したドッグフードでオススメなのは、カナガンドッグフードネルソンズドッグフードオリジンドッグフードなどですね。

 

 

フード嫌いなワンちゃんも、美味しく食べてくれると思いますよ。

 

 

あまりにも値段が安すぎるドッグフードはNG!

市販や通販でドッグフードを見ていると、あまりに安すぎるドッグフードが販売されていることがあります

 

 

安いのはありがたいことですが、こういったフードが販売されていても買わない方がいいでしょう。

 

 

何よりも、愛犬の健康が一番ですからね。

 

 

安すぎるドッグフードは、原材料が粗悪または小麦粉やトウモロコシなどの穀物がメインになっていることが多いです。

 

 

改装セールやオープン価格で、有名なプレミアムドッグフードメーカーが特売で販売されている場合は問題ないですけどね。

 

 

愛犬のライフステージに合ったドッグフードであること。

ワンちゃんには大きく分けて「幼犬期」「成犬期」「高齢期」といったライフステージがあります

 

これらの成長段階別に合わせてフードをあげるのが一般的です。

 

ドッグフードにも「パピー用」「アダルト用」「シニア用」と販売されているので、ライフステージに合わせてあげましょう

 

 

中には、全ライフステージに対応したドッグフードもありますが、その場合は問題ありません。