無添加ドッグフード

MENU

ドッグフードの給与量と回数について

市販のドッグフード、通販からお取り寄せしたドッグフード、どんなドッグフードも適量をあげることが大切です。

 

1日に与える餌の量が多すぎても、少なすぎても「NG」です。

 

たまに、ドッグフードに記載のある目安を見ないで、自分のさじ加減でエサを与えてしまうという方がいます。

 

 

ドッグフードは犬の主食ですから、コレではいけないですよね。

 

フードによって、カロリーや栄養素が全然違ったりもしますので。

 

そのため、飼い主さんがキチンと適切なエサの量を考えて与えてあげなくてはなりません。

 

給与量については、ドッグフード別(パピー・成犬・体重・犬種)に目安が記載されているので、そちらを参考にして与えてください

 

 

慣れてくれば、フードの重さを計らないで適切な量がわかってくると思いますが、初めは計量カップなどで重さを計って与えるのが望ましいですね。

 

 

犬を飼っている方はご存知だと思いますが、犬って本当に良く食べ物を食べますよね。

 

でも、良く食べるからといって、必要以上にドッグフードやおやつをあげてはいけません

 

コレは、野生動物が本来持っている本能によるものです。

 

犬などの肉食動物には、少しでも体にエネルギーを蓄えておこうという機能が働いていて、モリモリたくさん食べる習性が備わっているんです。

 

特に野生の肉食動物は3日〜1週間ほど、食べ物にありつけないことは良くあることなので、食べられる時に、食べられるだけ食べようと思うわけなんですね。

 

 

我が家の愛犬アリスも、食いしん坊なので、1日にあげるドッグフードやおやつだけでは物足りなそうにしていますしね(笑)。

 

けれども、健康が第一ですから「食べさせすぎず、食べさせなさすぎず」ということは毎日守り続けています。

ドッグフードは1日何食与えるのと良い?

ドッグフードを与える回数って、飼い主さんによって変わってきますよね。

 

少ない人では「1日1食」、朝・夕の「1日2食」、朝・昼・晩の「1日3食」という方がいらっしゃると思います。

 

ただこればっかりは、正解はないです。

 

 

ちなみに、うちのアリスには朝・晩と「1日2食」ドッグフードをあげています。

 

 

「1日に必要なドッグフードの量」を最低限守っていれば、それ程難しく考えなくて良いと思います。

 

それでも、不安だという方は獣医さんにワンちゃんの健康状態をみてもらって、どれぐらい与えると良いか聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

ただ、子犬やシニア犬になったワンちゃんは1日3食(朝・昼・晩)あげるのが良いとされています
その理由は、子犬は消化器官が未熟であること、シニア犬は消化器官が弱ってくるからです。

 

 

アリスも、子犬の時には1日3食あげていました。
今はバリバリ元気な成犬ですが、高齢になったら1日3食に分けてあげようと思っています。