無添加ドッグフード

MENU

ドッグフードをふやかして与える

まず、ドッグフードをふやかして与えても良いか?ということですが、OKです!

 

全然問題ありません。

 

体に元気がなくなってくるシニア犬や歯が弱くなってしまった愛犬など、健康状態によってふやかしてあげることは、むしろ良い効果になります。

 

また、ドッグフード嫌いなワンちゃんの場合、ふやかすことでキチンと食べてくれるようになったりすることもあります。

 

それから、ドッグフードをふやかすと、水分補給にもなりますし、フード内の空気を外に排出してくれる効果もあるんですね。

 

フード内に空気がたくさん詰まっていたりすると、空気がワンちゃんの体の中に溜まってしまい、「胃捻転」などの内蔵病などのリスクもあるんです。

 

このように、健康状態が良くない愛犬だけでなく、今はバリバリ元気な愛犬にも、ふやかしドッグフードは、体への負担が少ないエサの与え方だと言えます。

 

それではドッグフードの最適なふやかし方について、その方法を紹介したいと思いますね。

ドッグフードのふやかし方

熱湯・もしくはぬるま湯を直接、ドッグフードにかける

 

まず、熱湯・もしくはぬるま湯を直接ドッグフードにかけます

 

お湯の温度ですが、熱湯でなくでも、30℃〜40℃ぐらいあればOKです。

 

温度が低い方が早く冷めやすく、すぐに与えることができますからね。

 

お水は、「やかん」もしくは「ポット」で沸かして温めると良いでしょう

 

 

お湯をかけたら、10分〜20分程待つ

ドッグフードにお湯をかけてから、熱が冷めるまで、10分〜20分程待ちます

 

 

くれぐれも、熱々のドッグフードを大切な愛犬に与えないようにしてください。

 

 

お湯の温度にもよりますが、10分〜20ぐらい経つと、ドッグフードが水分を吸って粒がやや大きくなってくると思います。

 

 

また、お湯をかけ過ぎてしまうと、ドッグフードを入れる器に水が残ってしまう場合もありますが、それ程気にする必要はありません

 

 

そして、最後にフードを手に取り、自分の指で粒が「ぐちゃぐちゃ」に潰れるか確認しましょう

 

 

慣れてくれば、こうして確かめる必要はありませんけどね。

 

 

指で潰して、フードが「ぐちゃぐちゃの状態」になれば、完成です。

 

指で触って、少し固さが残っている場合もあると思いますが、全体的に粉々に潰れるぐらいならOKですよ。

 

 

「やかん」「ポット」でお湯を30℃〜40℃ぐらいに沸かして、後は10分〜20分待つだけです。

 

ふやけるまでの時間に家事などの時間に費やすことで、あっという間にふやかしドッグフードができてしまいます。

 

ふやかしドッグフードの効果は、愛犬の体に良いエサの与え方になりますので、是非試してみてくださいね。