無添加ドッグフード

MENU

ドッグフードの色は、なんで美味しそうな茶色をしているの?

あなたが普段愛犬に食べさせているドッグフードの色は何色をしていますか?

 

ほとんどが茶色い色をしているのではないかと思います。

 

僕の愛犬に食べさせている無添加ドッグフードも茶色です。

 

 

 

昔は市販のドッグフードを与えていましたが、その時も茶色い色をしていましたね。

 

市販のドッグフードは、今は亡くなってしまった先代の愛犬にあげていました。

 

 

 

市販で販売されているドッグフードのパッケージを見ると、どれもこれも茶色い色をしているんですよね。

 

ドッグフード=茶色というイメージがすっかり定着しています。

 

 

 

でも、どうしてドッグフードは茶色い色をしているのか考えたことがありますか?

 

単刀直入に言えば、「飼い主(購入者)に美味しそうに見えるから」なんですね。

 

美味しそうに見えているのは、僕たち飼い主目線です(笑)。

 

 

 

ワンコが美味しそうに見えているわけではありませんし、そもそも色なんか気にしません。

 

つまり、ドッグフードを美味しそうに見せることで、買ってもらおうというメーカーの考えなんですね。

 

 

 

無添加ドッグフードなどの高品質なドッグフードは、そのままの状態でも「茶色」をしています。

 

しかし、着色料などの添加物を使用して、美味しそうなドッグフードの見た目を作っているメーカーもあるのが現状なのです。

 

 

 

着色料は、発がん性があったり、アレルギー反応が起きたりと、ワンコの体に悪影響を及ぼすものもあります。

 

特に、「赤色3号」「赤色40号」「赤色102号」「赤色105号」「青色2号」などの着色料が入っているドッグフードは絶対に買わないほうが良いです。

 

 

 

たまに、緑色・オレンジ色・ピンク色をしているカラフルなドッグフードがありますが、これはもう論外ですね。

 

危険な着色料を使用している可能性が高いですし、絶対に買うべきではないドッグフードです。

 

 

 

ドッグフードは、毎日与え続けるものですから、粗悪なモノを与え続けるのは本当に危険ですよ。

 

本当は、ドッグフードに使用してはいけない着色料、添加物、原材料などを法律で決めてもらえれば良いのですけどね。

 

現時点での日本の法律では、ドッグフードの原材料などについてはそれほど厳しい基準が設けられていないと感じています。

 

 

 

ですから、飼い主である僕たちが良質なドッグフードをしっかりと見極めて、与える必要があるのです。

 

でもどんなドッグフードを与えれば良いのかわからないという方は「NDF アランズナチュラルドッグフード」「カナガンドッグフード」「ナチュロル」「ネルソンズドッグフード」「FAINEPETS(ファインペッツ)」「モグワン」などの無添加ドッグフードがオススメですよ。

 

 

 

価格は市販のドッグフードと比べると高いですが、高品質なドッグフードですからね。

 

ワンちゃんにも、美味しく食べてもらうことができると思いますよ。