無添加ドッグフード

MENU

ドッグフードの種類と特徴について

ドッグフードの種類は「ドライタイプ」「ソフトドライタイプ」「ウェットタイプ」「セミモイストタイプ」などがあります。

 

僕がはじめてワンコを飼ったときは、このドッグフードの種類についてよくわかっていませんでした。

 

 

 

色々なメーカーからドッグフードが販売されているので、有名なブランドのドッグフードを与えていれば良いとばかり思っていましたからね。

 

けれど、有名メーカーのドッグフードが健康に良いドッグフードとは限りません

 

 

 

じゃあどのタイプのドッグフードを選んだら良いのか?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

 

そこで、ドッグフードの種類別に特徴と、おススメのタイプのドッグフードについてごを紹介していきたいと思いますね。

 

ドライタイプのドッグフード

一般的なドッグフードがこちらの「ドライドッグフード」になります

 

水分含有量が10%以下のモノがドライドッグフードに分類されています。

 

 

 

きちんと加熱処理をされているのでカリカリに固く、カビが生えるリスクが少ないのが特徴ですね。

 

また、長期保存にも優れているという特性を持っていて、僕が一番にオススメしたいタイプのドッグフードがドライタイプのものです。

 

プレミアムドッグフードや無添加ドッグフードをはじめ、多くのブランドから販売されています。

 

ソフトドライタイプのドッグフード

水分含有量が25%〜35%のフードがソフトドライタイプのドッグフードに分類されます。

 

こちらもドライタイプのドッグフードと同じように加熱処理をしています。

 

 

 

触った感触はしっとりとしているのでドライタイプのドッグフードよりも水分量が多いのがすぐにわかると思います。

 

水分量が多いことで、フード自体が柔らかくて食べやすいので、高齢のシニア犬などに食べさせてあげる方が多いですね。

 

嗜好性も高いので、食欲不振なワンちゃんにもおススメのタイプのドッグフードだと思います。

 

 

 

ただ、しっとり感を出すために、湿潤調整剤などの添加物を使用している製品も少なくはありません

 

無添加ドッグフードにこだわり続けている僕にとっては、添加物が入っているドッグフードを愛犬に与えたくはないですね。

 

 

 

それから、ドライドッグフードと比べて水分が多く含まれているので、保存期間が短いという欠点もあります。

 

できる限り消費期限を伸ばそうと、「防腐剤」や「酸化防止剤」などの添加物が入っている製品も少なくはありません。

 

使用されている原材料や添加物が入っていないかしっかりと見極めて選ぶことが大切です。

 

セミモイストタイプのドッグフード

こちらは、ソフトドライタイプのドッグフードと同じく、水分含有量が25%〜35%のものがセミモイストタイプとして分類されています。

 

違いは製造方法で、押出し機で作られ、発泡されていないのが特徴ですね。

 

 

 

水分量も比較的に多いので、しっとりとした特性を持っています。

 

セミモイストタイプのドッグフードもソフトドライタイプのドッグフードと同じく、柔らかくて嗜好性が高いので、食いつきの良いドッグフードです。

 

 

ただ、こちらもしっとりさを保つために、こちらでも「湿潤調整剤」「防腐剤」「酸化防止剤」などの添加物が使用されている製品が多いんですね…。

 

消費期限も長くはありません。

 

こちらも、添加物が入っていないか要チェックしてから選ぶことが重要です。

 

ウェットタイプのドッグフード

ウェットタイプのドッグフードは水分含有量が75%程度の製品です。

 

「アルミトレイ」「パウチ」「缶詰」などに入っている製品が多いのが特徴ですね。

 

 

 

水分量は多いですが、しっかりと殺菌処理されていることで長期保存ができるという特性も持っています。

 

ワンちゃんの主食ではなく、保存食やご褒美などにおススメのドッグフードです。

 

栄養を補うために、主食であるドライドッグフードと一緒にあげるのも良いと思います。

 

 

 

ただし、たくさん与えすぎてしまうとドライドッグフードなどの主食を食べなくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

嗜好性においては抜群の効果があるというより、ありすぎてしまうワンコ達にとって大好物のドッグフードがウェットタイプのフードになります。

 

3日に一度ぐらいなどの間隔をあけるなどして、おやつやご褒美としてあげるドッグフードとしては最適なフードですね。

 

 

ドッグフードのまとめ

ドッグフードの種類についてご紹介してきましたが、まとめますと主食はダントツで「ドライタイプのドッグフード」がオススメです。

 

それから、食欲がなかったり、生まれつき体が弱かったりしているワンちゃんには「ソフトドライドッグフード」「セミモイストドッグフード」を与えるのがベストだと思います。

 

 

 

ウェットフードは愛犬のご褒美やおやつなどにオススメですね!

 

与えすぎてしまうと、カリカリのドライドッグフードを食べてしまわなくなることもあるので、その点にはご注意を。