無添加ドッグフード

MENU

ドッグフードに含まれる全ての添加物が悪いというわけではない。

添加物=悪いモノというイメージを持たれている方も多いと思いますが、全ての添加物が悪いというわけではありません。

 

それは、ドッグフードも同じです。

 

 

 

無添加ドッグフードなのに「○○添加物」という表記があり、「あれ?」と疑問に持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

まず、無添加ドッグフードだからといって、全ての無添加ドッグフードが安全・安心なモノとは限らないことを前置きしておきます。

 

 

 

高品質な無添加ドッグフードにも添加物が使用されていることが多々あります

 

例えば、ハーブ、ローズマリーエキスなどですね。

 

これは、自然由来の天然添加物です。

 

 

 

酸化防止効果を持っているので、良質な無添加ドッグフードの原材料として入っていることがよくあります。

 

このように天然由来の添加物の場合は、必ずしも悪いというわけではないのですね。

 

品質の悪いドッグフードの場合は、人工・合成添加物をたくさん使用している商品もあります。

 

 

 

また、添加物といえば「着色料」がありますよね。

 

ドッグフードを食べるワンコ達にとっては、意味のないものです(笑)。

 

なぜ着色料を使用しているかというと、僕たち飼い主の目を惹きつけるためですね。

 

 

 

メーカーは茶色くて、美味しそうに見せることで買ってもらおうと思っているわけです。

 

品質の良いドッグフードでも茶色いフードもありますので、「茶色いドッグフード」が悪いと言っているわけではありません。

 

 

 

カラフルなドッグフードも中にはありますが、僕は買わないほうが良いと思いますね。

 

安全・安心のドッグフードであれば良いのですが、本当に犬の体に良いドッグフードを作ろうと思った時に、犬の体には関係のない色にまでこだわるでしょうか?

 

 

 

安全性の高いと言われている無添加ドッグフードや価格が高いドッグフードでも、全ての商品が良いというわけではありません。

 

犬の体に良いドッグフード選びって結構難しいのです。

 

 

 

 

無添加ドッグフードの中でも、人間が食べることができるまで、とことん安全・栄養面にこだわっているドッグフードを選ぶのが一番良いですね!

 

迷われている方は、ヒューマングレード(人間が食べても安全)ドッグフードであるかを基準にフード選びをするのがオススメですよ。