無添加ドッグフード

MENU

通販店にも良いドッグフードと悪いドッグフードがあるので、慎重に選びましょう。

今はネット通販で色々な物が買える便利な時代になりましたよね。

 

通販だけの購入で、僕たち人間も大切なペットたちも生活していくことができるんじゃないかと思うぐらい物で溢れかえっています。

 

 

 

中には口コミでの評判の高い良い品がいくつも販売されていますが、逆も然りです。

 

 

今回はドッグフードに限ったお話ですが、僕が調べた限りでは「本当にこんなドッグフードを販売しても大丈夫なのだろうか…?」というエサもありましたからね。

 

有名メーカーのドッグフードも通販では多数販売されていますが、名前が知られているというだけでは本当に良いペットフードとは言い切れませんので、その点も注意が必要です。

 

 

 

悪いドッグフードというのが、原材料がちゃんと記載されていなかったり、悪い原材料を使用しているモノです。

 

ドッグフードについては、僕なりに色々調べ尽くしてきたつもりなので、少し目を通すだけでも「良いドッグフード」と「悪いドッグフード」の判別ができてしまいます。

 

 

偉そうなことを言ってしまいましたが、ワンコの体に良い・悪い原材料を知っていればどなたでも簡単に理解することができるんですけどねね(汗)。

 

 

 

原材料を記載していないドッグフードはハッキリ言って『論外』です。

 

記載しにくい材料を使用している可能性がかなり高いですし、一部だけしか記載していないエサもありえないです。

 

明らかに使用されている原材料の種類が少ないフードも、避けておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

それから、愛犬の体に良くない原材料が使用されているドッグフードも当然NGですね!

 

特に危険な原材料が「畜肉副産物」「○○ミール」「○○パウダー」「○○エキス」「動物性脂肪」などです。

 

 

 

一見すると、そんなに悪い印象を受けない原材料ですが、表記の仕方が非常に曖昧だと思いませんか?

 

「自信を持って愛犬の体に良い原材料を使っていますよ!」と言うなら、曖昧な表現をしないでハッキリときちんと記載すれば良いのです。

 

このような原材料が使用されているドッグフードは絶対に購入しないほうが良いでしょう。

 

 

 

それから、ドッグフードの多くが「肉が主原料」となっています。

 

犬の祖先であるオオカミの主食はお肉ですよね。

 

その特性は今でも引き継がれていて、今を生きるワンちゃん達にもお肉に含まれる動物性タンパク質をたくさん摂取する必要があるのです。

 

 

 

ところが、穀物が主原料となっているドッグフードも中にはあります。

 

穀類に含まれる炭水化物もある程度摂取する必要のある栄養素ですが、ワンちゃん達にはそれほど必要のない栄養素でもあるのです。

 

 

 

また、穀類はアレルギーを引き起こしたり、穀類に含まれる炭水化物やデンプンを愛犬達は吸収するのが苦手なのですね。

 

うまく消化されないと、体の中に糖分が溜まってしまい、内蔵不良や血糖値を上昇させてしまう恐れがあります。

 

ですから、穀類が主原料のドッグフードもNGとなります。

 

 

 

悪いドッグフードのまとめとしては、「畜肉副産物の使用」「ミール系・パウダー系・パルプ系・エキス系の原材料を使用」「穀類を主原料として使用」しているドッグフードですね。

 

 

ネット通販でドッグフードを購入しようか迷っている方は、これだけは最低でも注意していただきたいです。

 

 

 

理想的なドッグフードは「チキン」「ラム肉」などの主原料がお肉を使用している商品ですね。

 

それから、上で紹介した粗悪な原材料を使用していないドッグフードであるというのが愛犬の健康や体に良いフード選びのポイントになります。