無添加ドッグフード

MENU

フィラリアの血液検査と値段について

フィラリア予防をする前に、血液検査をする動物病院が多いと思います。

 

反対にフィラリア血液検査をしない動物病院もあるかもしれません。

 

これは、血液検査をしている動物病院の方が正しいですね。

 

 

 

検査の目的は「フィラリアに感染していないかどうか?」を確認するために行います。

 

それで、万が一フィラリアに感染していた場合、フィラリア予防薬を飲ませたり、食べさせたり、注射することができません。

 

 

 

その理由は、ワンコの体内にフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)がいて、予防薬を飲ませると、ミクロフィラリアが死んてしまうからです。

 

1匹ではなく、複数匹いる可能性も考えられますね。

 

 

 

一見、フィラリアを駆除できるので良いことだと思えるかもしれませんが、幼虫(ミクロフィラリア)を駆除してしまうと血管が詰まってしまい、愛犬が死んでしまう可能性もあるのです

 

 

 

さらに、死滅したミクロフィラリアに対してアレルギー反応が起き、「アナフィラキシーショック」という激しいショック症状を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

 

アナフィラキシーショックの症状としては「じんましんが起きる」「赤みができる」「くしゃみ・咳をする」「息苦しくなる」「血圧の低下」など体に甚大な悪影響を及ぼしてしまいいます。

 

 

 

最悪の場合は死に至ることもある怖いアレルギー反応です。

 

人でも「ハチアレルギー」「蕎麦アレルギー」などのアナフィラキシー反応を起こすこともあるように、ワンちゃんにも起こってしまうことなのですね。

 

ですから、フィラリア予防薬を与える前の血液検査はとっても重要です。

 

 

 

フィラリアに感染してしまっていた場合は、当然のことですがそのまま放置しておくわけにはいきません。

 

放置してしまうと、ほとんどの確率で大切な愛犬が死んでしまいますからね。

 

その場合は、「成虫を駆除する」もしくは「外科手術によってフィラリアを取り除く」のが主な対処方法です。

 

 

 

しかし、これらの対処法はワンちゃんの体には辛く、重い副作用があらわれてしまうことも珍しくはありません

 

そうならないためにも、フィラリアの予防は毎年、必ず行うことが大切なのです。

 

フィラリア除去の費用もフィラリア予防薬よりも費用が高くなりますし、フィラリアに感染させないことが何よりも重要です。

フィラリア血液検査の料金はいくらぐらい?

フィラリア血液検査の料金は、動物病院によって変わってきます。

 

目安としては、1000円〜3000円の範囲ですね。

 

検査の終了は10分前後で終わります。

 

 

 

フィラリアの血液検査だけ行うのは、それほど高くありません。

 

その他の血液検査をすると1万円を超えてしまう場合もありますので、ワンちゃんの体調が心配でない限り、みてもらわなくても良いと思います。

 

 

 

ただ、愛犬の体調が不安だという方はフィラリアだけでなく、血液検査も受けておいたほうが良いと思います。

 

僕が飼っていた先代のシェルティーは、検査を受けた時にはもう手遅れの状態でしたからね。

 

僕たち家族が、しっかりしていなかった結果である、「後悔」「絶望」「罪悪感」などの気持ちでいっぱいになりました。

 

 

 

体調の異変には気づいていたのですが、大したことはない…。

 

そうやって、見過ごしてきたのが、大きな間違いでした。

 

飼い主失格です。

 

 

 

与えていた食べ物にも、人が食べる味付けがされているお肉などをあげたりしていましたからね。

 

そうしているうちに、内蔵に負担がかかり、最悪な結果を招いてしまいました。

 

 

 

ワンちゃんは多少体調が悪くても、強がる性格の持ち主です。

 

これは、外敵に弱っていないことを悟られないための本能として備わっている習性です。

 

もし、ワンコが弱っている素振りを見せていたら、「健康リスクのサイン」かもしれません。

 

 

 

ですから、愛犬の調子が悪そうだと感じたら、最悪の事態を未然に防ぐためにも、血液検査は行っていたほうが良いと思います。

 

症状が軽いうちに対処・改善することで、健康・元気でいてくれると思いますからね。

 

「フィラリアの血液検査はフィラリアのお薬を与える前に、必ず受ける」「愛犬の体が不安・心配だったら血液検査」を受けることが大切です。