無添加ドッグフード

MENU

グレインフリー(穀物不使用)ドッグフードについて

グレインフリードッグフードとは、穀物を使用していないドッグフードのことです。

 

穀物を使用していないということは、炭水化物があまり含まれていないということになります。

 

 

それでは、栄養バランスが悪くなってしまうのでは?とお思いの方もいらっしゃいますよね。

 

でも、ワンちゃんの体にとって炭水化物はそれほど必要な栄養素ではないのです。

 

 

犬は本来、肉食動物ですからね。
ですから、グレインドッグフードは愛犬の健康に良いドッグフードなので安心してくださいね。

 

 

グレインドッグフードの魅力はまだまだあります。
穀物アレルギー持ちの愛犬にも安心のドッグフードであることは間違いありませんが、健康で元気なワンちゃんにとっても良いフードなんです。

 

 

その理由は、ワンちゃんの体は動物性のタンパク質や脂肪を消化しやすい体の作りになっているからです。
その反対に「トウモロコシ」「小麦」「大麦」「大豆」などの炭水化物が多く含まれる穀類の消化を上手くすることができません

 

 

これは、大型犬、中型犬、小型犬ほぼ全ての犬種に言えることです。
なぜ、炭水化物を効率よく消化できないのかといいますと、唾液に「アミラーゼ」という炭水化物を分解する酵素を持っていないからなんですね。

 

この炭水化物が消化されないと、体の中で糖分として溜まってしまいます。

 

この状態が長く続いてしまうと、「アレルギー」「消化器官の病気」「皮膚病」「肥満」などの原因になるリスクが高まってしまうのです。

 

 

人は体に何か異常・異変があれば、病院に行くことで治すことができます。

 

ところが、ワンちゃんは自分から体の異常が起きていることを知らせてくれることはありません。

 

 

なぜなら、それは犬の野生の本能だからです。
野生の動物は、体が余程弱っていない限り、元気に振舞おうとします。
それは、他の肉食動物などに体が弱っていることを悟られないようにするためなんです。

 

 

「体が弱っている獲物がいる」と思われてしまうと、格好の餌食になってしまいますからね。
つまり、愛犬の体が弱々しく感じられたら、それは何かの重大なサインである可能性が高いのです。

 

 

穀物による炭水化物の消化不足が原因だと、一概に言うことはできませんが、そのような時はすぐに動物病院に連れて行ってあげることをおススメします。

 

 

少し話が逸れてしまいましたが、穀物アレルギーを持たないワンちゃんにとっても、炭水化物が多く含まれるドッグフードは好ましくないのです。

 

 

当サイトで紹介しているドッグフードは、無添加ドッグフードがメインですが、グレインフリードッグフードもいくつかあります。

 

 

カナガンドッグフードネルソンズドッグフードヤラーオリジンドッグフードなどです。

 

 

こちらは、無添加・オーガニックにこだわりつつ、穀物不使用のグレインフリードッグフードでもあります。
愛犬の主食に安心・安全なドッグフードを与えたいと思っている方にはおススメのフードですよ。