無添加ドッグフード

MENU

グルテンフリードッグフードについて

グレインフリー(穀物不使用)ドッグフードについては、知っている方も多くなってきたように思います。

 

穀物アレルギーを持っているワンちゃんにはもちろん、グレインフリードッグフードを与えるのが一番良いです。

 

 

 

ワンちゃんの体は穀類に含まれる炭水化物を上手に消化することができず、体に炭水化物が糖分として残ることで、健康リスクの恐れもあります。

 

適量の炭水化物を摂ることは大切なことですが、あまりにも炭水化物の多いフードは避けてくのがベストです。

 

 

 

つまり、グレインフリー(穀物不使用)ドッグフードは、ワンちゃんの健康に良いドッグフードだと言えるのですね。

 

それでは、グルテンフリードッグフードはどうなのでしょうか。

 

 

 

結論から言いますと、グルテンフリーもワンちゃんの健康には良いフードになります。

 

少しずつですが、ナチュロルドッグフードのようなグルテンを使用しないドッグフードも増えてきましたね。

 

 

 

グルテンとは、小麦・大麦・ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種のことを指します。

 

人が食べる食材とも馴染み深いのがグルテンなのです。

 

パン・ピザ・麺類・ケーキ・クッキーなどをふっくらと仕上げてくれる働きがありますからね。

 

 

 

ワンちゃんもそうですが、人の体にとってもグルテンの摂り過ぎは禁物です。

 

肥満・免疫力の低下・腹痛・下痢・便秘などの症状が現れてしまうこともありますからね。

 

 

 

当然、ワンちゃんの体にも、グルテンの摂り過ぎは良いことではありません。

 

犬もある程度炭水化物を摂ることは必要ですが、あまりにも穀類の含有量や種類が多いようなドッグフードは避けておいが方が良いと思います。

 

 

 

やはり、原材料に良質な肉や魚などの動物性タンパク質がたくさん使用されているドッグフードを与えるのが望ましいですね。

 

タンパク質が多く含まれているだけでなく、保存料・香料・酸化防止剤・着色料などの添加物が全く使用されていない無添加ドッグフードなら、さらにgoodです!

 

 

ドッグフードは犬の主食ですから、できる限り良質なフードを与えるのが理想ですね。

 

 

 

主に、大麦・小麦・ライ麦などに含まれるグルテンですが、中でも注意したいのが「小麦グルテン」です。

 

ワンちゃんの体は、小麦グルテンを消化するのがとっても苦手ですからね。

 

 

 

炭水化物が全く含まれていないドッグフードはほとんどありませんし、適度な炭水化物を摂るはワンちゃんの健康にも良いことです。

 

ただ、「小麦」が原材料の一部に使用されていないかだけは確認するようにした方が良いですね。