無添加ドッグフード

MENU

犬アレルギーをお持ちの方は、犬選びはご慎重に。

犬アレルギーについてですが、「犬のアレルギー」とはまったく別のアレルギーになります。

 

犬アレルギーは、犬に触れたりすることでかゆみ等のアレルギーが起こる症状です。

 

犬のアレルギーは、ワンちゃんの体質や食べ物によって起こってしまうワンちゃん自身のアレルギーのことを言います。

 

 

 

犬アレルギーについてですが、実は僕自身もなった経験があります。

 

幼い頃におばあちゃんの家で飼われていたヨークシャーテリアを触ると、かゆみや湿疹ができてしまったんですね。

 

でも、可愛いからとつい…触ってしまっていたんです。

 

 

 

もちろん、今は犬アレルギーは全くありません

 

小さい・体の弱いお子さんなどは、まだ免疫力が低いため、犬アレルギーになってしまう可能性があるかもしれないですね。

 

 

 

その犬アレルギーの症状はいくつもあります。

 

軽い症状から重い症状までありますので、ココでご紹介したいと思いますね。

犬アレルギーの症状

かゆみ・湿疹
鼻水が出る
目が充血する
咳が出る
くしゃみ
下痢
吐き気
めまい
呼吸困難
動悸

軽い症状ならまだ良いですが、「呼吸困難」や「動悸」など非常に重たい犬アレルギーの症状があるのも事実です。

 

重たい症状が出ることは、稀だとは思いますが、絶対に起こらないとは断定できません。

 

 

 

ワンちゃんは確かに可愛いです。

 

しかし、飼い主さんが犬アレルギーを持ってしまっていたら、一緒に暮らしていくのは難しいことなのですね。

 

 

 

そうならないためにも、ワンちゃんを飼う前に、事前に犬アレルギー検査を受けておくことをおススメします。

 

犬アレルギー検査で一般的に行われているのが「プリックテスト」や「RASTレスト」という検査方法です。

 

 

 

その際に、内科や皮膚科などで犬アレルギーの検査をしたいという旨を前もって伝えておいたほうが良いです。

 

その理由は、犬アレルギー以外のアレルギーが検査に出てきてしまう可能性があるからなんですね。

 

 

 

けれども、犬アレルギーをお持ちの方で、すでにワンちゃんを家族としてお迎えしているという方もいらっしゃると思います。

 

 

そのような方は、空気清浄機を家に置いたり、こまめに家を掃除したり、2週間に1回ぐらいワンちゃんをお風呂に入れたり、ワンちゃんをブラッシングしてあげることで、犬アレルギーの症状を軽くすることが可能です。

 

 

 

それから、抗アレルギー剤などを処方してもらうという方法もあります。

 

処方されるお薬は、犬アレルギーの症状によって変わってきますが「ステロイド剤」「抗ヒスタミン剤」「気管支拡張薬」などが主なお薬になります。

 

 

 

ココでお伝いしたいことは、ワンちゃんをこれから飼われる方は、事前に犬アレルギーの検査をしておくということです。

 

問題なければ、そのまま安心して一緒に暮らしていくことができますからね。

 

 

 

また、万が一後になって犬アレルギーの症状が出てきてしまったという方や犬アレルギーの疑いがあるという方はなるべく早くお医者さんに相談されることを強くおすすめします。

 

 

犬アレルギーをお持ちの方でも、一緒に暮らしていける方法をお医者さんから教えていただける可能性もあると思います。

 

 

飼い主さんと愛犬が健康に暮らしていくことが何よりも大切です。