無添加ドッグフード

MENU

大切な愛犬のなりやすい病気は犬種によって、違ってきます。

トイプードル、チワワ、ダックスフンド、柴犬、ポメラニアン、シーズー、マルチーズなど可愛らしい愛犬を飼われている方が多いですよね。

 

最近は、小型犬を飼われている方が多いような気がします。

 

我が家の愛犬であるシェトランドシープドッグ(シェルティー)も小型犬です。

 

 

 

犬がかかりやすい病気があることは事実ですが、犬種によってかかりやすい病気の違いがあります。

 

犬種によってなりやすい病気があるのは、先祖から受け継がれてきた「遺伝的要素」があるからですね。

 

 

 

犬種による病気については、詳しくは獣医さんにお聞きになるのが一番良いかと思います。

 

あらかじめ、知っておくことで対策をしておくことができますからね。

 

 

皮膚炎、目の病気、耳の病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、脳の病気などワンコも人と同じような病になってしまうことがあります。

 

 

 

人間であれば、何か違和感を感じたら病院に行って診察を受けて、適切な治療をしてもらうことができますよね。

 

しかし、犬は直接コミュニケーションを取って訴えることができません。

 

ですから、飼い主さんが愛犬に何か気になるようなことがあれば、動物病院に行ってあげることが大切です。

 

 

 

また、今は少なくなってきましたがフィラリアやダニなどの寄生虫によって引き起こされる病気もあります。

 

特にフィラリアにかかってしまうと、命に関わる危険性がありますので、毎年フィラリア予防をしておくことは重要ですね。

 

 

 

また、犬種だけでなく、中型犬・大型犬・シニア犬によってもなりやすい病気が変わってきます。

 

愛犬の病気について神経質に考え過ぎるのもよくありませんが、「いつもと様子がおかしい」と何か異変に思ったら動物病院で受診されるのが一番良い選択だと思います。

 

 

 

愛犬の病気にいち早く気が付くことができれば、症状を抑えることも可能ですからね。

 

末期症状になってしまうと、完治するまでに時間がかかったり、最悪の場合も考えられます。

 

この頃になると、目に見えて愛犬の様子が明らかにおかしいと感じるはずです。

 

 

 

 

そうなってからでは遅いのです。

 

愛犬にとって、最も短な存在で、唯一頼ることができるのは飼い主さんだけなのです。

 

大切な愛犬とずっと一緒に元気で長生きしてもらいたいとお思いの方は、愛犬の体のことも考えてあげてくださいね。