無添加ドッグフード

MENU

愛犬が最近太ってきたかも…。肥満の原因は何?

愛犬を我が子のように想いやっている方は多いですよね。

 

同じ愛犬家として非常に喜ばしいことです。

 

でも、可愛いがゆえにおやつや食べ物を与えすぎてしまうという方も少なくはありません。

 

太っているのかわからない場合は、愛犬の肥満度をチェックする方法を試してみてくださいね。

 

愛犬の肥満の主な理由の一つが「食べ物の食べ過ぎ」です。

 

つぶらな瞳でおやつをオネダリをされたら断れない…という経験をされた方も多いと思います。

 

けれども、必要以上におやつを与えすぎることは良いことではありません。

 

 

 

犬は満腹の状態であっても、本能的に食べ物があれば食べようとしてしまいます

 

これは、犬の先祖であるオオカミが食べ物を食べられない時の予防をしているからです。

 

その本能が犬にも備わっているのですね。

 

 

 

ただ、ペットとして家族として家で飼っている以上、食べ物が食べられなくなる心配はありませんよね。

 

ですから、食べ物をオネダリされて与え続けていたら、当然太ってしまいます。

 

 

 

肥満にならないようにするには、飼い主さんの食事管理が大切です。

 

太り続けていると、病気などのリスクが高くなりますので、心当たりがある方は必要以上に食べ物を与えないようにしてくださいね。

 

食べ物を食べ過ぎる以外にも肥満の原因がある?

愛犬が肥満になる原因の一つとして「食べ物の与えすぎ」だということを紹介させていただきました。

 

でも、それ以外にも肥満になってしまう原因もありますので、以下で紹介したいと思いますね。

 

病気(甲状腺機能低下症、クッシング症候群など)

 

加齢による代謝の低下

 

運動不足

食べ過ぎること以外にもこれらの肥満の原因が考えられます。

 

食べ物の量も適切なのに、散歩などの運動もしているのに、健康的な生活を心がけてあげているのに、肥満だというワンちゃんは病気になっている可能性があります。

 

 

 

不安だという方は、動物病院で診てもらった方が良いかもしれません。

 

ほうっておくと症状が重くなってしまう可能性もありますから、何かおかしいと異変を感じたら診察を受けたほうが良いと僕は思います。

 

 

 

それと、運動不足のワンちゃんもエネルギーを消費しないので太りやすい傾向にあります。

 

特に、散歩嫌いなワンちゃんですね。

 

 

 

肥満になってしまうと、体を動かすのが辛くなってワンちゃん本人が散歩を嫌がるようになる場合もあります。

 

散歩を嫌がるワンちゃんを散歩に連れていくことは、けっこう大変なことです。

 

 

 

首輪を無理やり引張て連れて行くのは可哀想ですので、ワンちゃんの好きな場所まで抱えて連れて行ってあげて、そこで運動をさせてあげるのも良いかもしれません。

 

 

 

散歩嫌いなワンちゃんが散歩を嫌がる原因は色々考えられますが、外の世界に少しずつ慣れさせてあげることが大切ですね。

 

散歩は肥満対策だけでなく、犬のストレス発散にもなりますので、適度に散歩に連れて行ってあげるのが理想です。

 

 

 

 

以上が食べ過ぎによる以外での犬の肥満の原因となります。

 

太っていると、健康を脅かす病気にもなりかねませんので、肥満気味のワンちゃんには対策をしてあげるようにしてあげてくださいね。