無添加ドッグフード

MENU

犬は、麦・大豆・トウモロコシなどの穀物・穀類が苦手です。

僕たち日本人の主食である「お米」。

 

家庭でも外食でも必ずお米を食べているという方がほとんどだと思います。

 

 

僕も朝を除いて、お昼や晩御飯を食べる時は必ずお米を食べていますしね。

 

そんなお米ですが、実はワンちゃんにとっては、苦手な食べ物になります。

 

 

お米に限らず、ワンコは麦・大豆・とうもろこし等の炭水化物が多く含まれる食べ物が苦手なのです

 

でも、なぜワンちゃんは炭水化物が苦手なのかこれから紹介していきたいと思いますね。

ワンちゃんが、穀物・穀類に含まれる炭水化物が苦手な理由について

ワンちゃんが、穀物・穀類などに含まれる炭水化物が苦手な理由は、「うまく消化することができないから」です

 

なぜ、うまく消化することができないのかといいますと、炭水化物やでんぷんを消化する「アミラーゼ」という酵素を持っていないためです。

 

 

人には膵臓(すいぞう)や唾液によってアミラーゼが分泌されるので、炭水化物を摂っても問題ありません。

 

炭水化物はエネルギーにもなるので、人の体には大切な栄養素の一つです。

 

 

しかし、ワンちゃんにはアミラーゼ消化酵素を分泌する器官がないため、炭水化物を多く摂り過ぎてしまうと体内に溜まっていってしまうことがあるのです。

 

ワンコの体内に長期的に炭水化物が溜まり続けてしまうと、血糖値が上がってしまう恐れがあります。

 

 

そのようになってしまうと、「糖尿病」「皮膚病」「アレルギー」「肥満」などを引き起こしてしまう危険があるのです。

 

愛犬の肥満については、ドッグフードやおやつを与えすぎていることが原因だと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

でも、それは炭水化物が多いドッグフードや食べ物を与えていることが原因である場合も少なくはないのです。

 

ですから、愛犬には「高タンパク質・低炭水化物のドッグフード」を与えることが大切なのですね。

 

 

高タンパク質・低炭水化物のドッグフードは、「NDF ナチュラルドッグフード」「カナガンドッグフード」「ネルソンズドッグフード」「DOG STANCE(ドッグスタンス)」「FAINEPETS(ファインペッツ)」「オリジンドッグフード」などがあります。

 

 

僕が現在与えている無添加ドッグフードは「NDFナチュラルドッグフード」ですが、「カナガンドッグフード」「ネルソンズドッグフード」「オリジンドッグフード」などはグレインフリードッグフード=穀物不使用の安心のフードなので、こちらもおススメです。

 

 

それから、ファインペッツのドッグフードも初回限定で激安価格でお取り寄せすることができるので、こちらもおススメですよ。

 

どのフードも原材料についてしっかり考えてくれているフードなので、ドッグフードを切り替えようか迷っている方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。