無添加ドッグフード

MENU

愛犬に食べさせてはいけない食べ物

人間が食べられるものでも、愛犬には食べさせてはいけない食品があります

このことは、飼い主である僕たちが知っておかなくてはならないことです。

 

その理由は、愛犬の体に悪い影響を与える食品を食べさせようとすれば、ワンちゃんは何の迷いもなく食べてしまうからです。

 

 

長年ワンちゃんと一緒に過ごしている方なら熟知していることだとは思いますが、この機会に再度確認してみてください。

 

常識だと思うこともあれば、意外な食材もあるかもしれないですからね。

 

特に、これから新しい家族をおうちに迎え入れようとしている方は、以下で取り上げている食品だけは絶対に食べさせないようにしてくださいね

愛犬には絶対にあげたくない食材について

愛犬の赤血球を壊してしまう恐れがある食べ物

たまねぎ

ねぎ

ニンニク

ニラ

これらの食べ物は、愛犬の体にある赤血球を破壊し、中毒死してしまう恐れがある食品になります

 

最悪、死に至る場合もありますから、絶対に食べさせてはいけない食べ物です。

 

 

かといって、料理を作っている最中にうっかり、食材を落っことしてしまう場合もあるかと思います。(僕もそうです。。。)

ですが、ごく少量の場合はそれ程心配はありません。

 

 

症状は「下痢」「嘔吐」「血尿」「貧血」といった非常に重たいものです。

 

しかし、症状が出るまでに長いと数日かかる場合もあります

 

このような症状が出たからといって、必ずしもこれらの食材を食べさせてしまったという結論にはなりませんが、心当たりがある方は動物病院へ行ってあげてくださいね。

チョコレート中毒・カフェイン中毒を引き起こしてしまう恐れがある食べ物

チョコレート

コーヒー

紅茶

お茶

チョコレート中毒というのはその名のとおり、チョコレートなどの食べ物を与えることで起こる中毒症状のことです
こちらも、犬に与えてはいけない食べ物としては有名ですよね。

 

 

チョコレートには、「テオブロミン」という成分が含まれているのですが、人間にとってはリラックス効果や脳を休めるといった効果があります。

 

しかし、ワンちゃんは「テオブロミン」をうまく排泄することができないんですね。

 

 

そして、この成分が体の中に溜まっていってしまうことで中毒症状を引き起こしてしまうのです

 

 

それから、紅茶やお茶には「カフェイン」が入っていますよね。

 

この「カフェイン」もワンちゃんの体には好ましくなく、カフェイン中毒を引き起こしてしまう危険性があるので要注意です。

 

 

紅茶やお茶を愛犬に与えているという方はいないと思いますが、手を滑らせてコップから紅茶やお茶がこぼれてしまうことがありますよね。

 

そのような時は、ワンちゃんが舐めてしまわないようにすぐさま拭き取るように心がけましょう。

トキソプラズマ病にかかる恐れがある食べ物

トキソプラズマ病はイマイチ聞きなれないという方が多いのではないでしょうか。

 

これは、生肉(豚肉・牛肉・鶏肉)に寄生している寄生虫のことです。

 

つまり、トキソプラズマ病にかかる恐れがある食べ物が「生肉」になります

 

 

生肉は本来肉食動物が好んで食べる主食ですから、あげているという方もいらっしゃると思います。

 

ですが、トキソプラズマ病は人間にも感染する厄介な病気です。

 

人間にも影響があるので、体の小さなワンちゃんにはもっと深刻な症状を抱えてしまう可能性が高いです。

 

ですから、お肉をあげる際は、焼いたり、ゆでたりして充分に加熱した上で与えるのが望ましいですね。

ビタミンB1欠乏症・消化不良の危険がある食べ物

タコ

イカ

エビ

カニ

これらの甲殻類には、「酵素チアミナーゼ」という成分が含まれていて、ビタミンB1を分解してしまう影響があるんですね

 

その結果、ビタミンB1欠乏症という症状へとなってしまう恐れがあるのです。

 

 

また、消化にも良くないため、内蔵に負担をかけてしまう恐れもあるんですね。

 

 

それから、甲殻類ほどではありませんが、「タケノコ」「しいたけ」「こんにゃく」「豆」などの食材もワンちゃんは上手く消化することができません。

 

そのため、これらの食材は基本的に与えない方が良いですね。

皮膚病になる危険がある食べ物

皮膚病になる危険性がある食べ物というのが「貝類」になります。

 

貝類は僕たち人間にも言えることですよね。

 

貝にあたってお腹を壊してしまった辛い経験をしてしまった方も多いと思いますからね。

 

 

「人間の体に悪い影響を与える食べ物=愛犬の体に非常悪い影響を与える食べ物」だということが言えますので、貝類を与えるのもNGです。

内蔵病にかかるリスクが高まってしまう食べ物

ソーセージ

ハム

ソーセージやハムは香辛料や塩分がたくさん使用されています

 

塩分の摂りすぎは人の内蔵にも悪い影響を与えてしまいますよね。

 

 

また、塩分を長年摂り続けているとそれだけ内臓疾患の健康リスクが高まってしまいます

 

ですから、ソーセージやハム以外にも、人間用に加工された食品などはあげないほうが良いですね。

下痢を起こしてしまう食べ物

牛乳

乳製品

牛乳や乳製品がワンちゃんの体質によって下痢の原因になることがあります

 

僕も生まれつきお腹が弱いので、牛乳を飲むとよくお腹が痛くなってしまいます。

 

 

ちなみに、ワンちゃんお腹を下してしまう原因は、人がお腹を壊してしまうことと同じものだと考えられているんですね。

 

ワンちゃんが良く下痢をしてしまうという方は、乳製品の与えすぎが原因になっているかもしれません