無添加ドッグフード

MENU

愛犬の平熱体温は何度ぐらい?

人と同じように、愛犬にも平熱体温があることは皆さんご存知だと思います。

 

 

それから、ワンちゃんの方が人よりも体温が高いということはよく知られていますよね。

 

 

では、具体的に愛犬の平熱体温は何度ぐらい?なのかといいますと、小型犬と大型犬で変わってきます。

小型犬の平熱体温

38.6℃〜39.2℃

 

大型犬の平熱体温

37.5℃〜38.6℃

小型犬は人の平熱よりも高めですが、大型犬の平熱は人の平熱と大きく変わるわけではないんですね

 

僕は、低体温なので平熱が36℃ぐらいなのですが、妹は平熱が37℃ぐらいありますからね(汗)。

 

 

しかし、ワンちゃんが発熱してしまうことがあるのも事実です。

 

目安としては、40℃以上で危険な状態だということですね。

 

 

人間ならば、熱が出れば自分で気づき、薬を飲んだり、休んだりして解熱することができますが、愛犬の場合はそう簡単にはいきません。

 

 

ですから、発熱をしてしまった時の症状を飼い主である僕たちは最低限知っておいたほうが良いと思います。

 

ワンちゃんが発熱している可能性がある症状がこちらになります。

 

呼吸が普段より荒くなっている
元気がなく、ぐったりしている
ふらついている
足や手を触って熱く感じる

発熱以外の病気にかかっている恐れもありますので、これらの症状が見られた時はすぐに動物病院に行ってあげてください。

 

それから、体温計を使って愛犬の体温を測る方法もあります

 

 

この方法は体温を測るのに最も正確な方法です。

 

使用するのは、ペット用の体温計で、愛犬の肛門に入れて計測をします

 

 

うんちを済ませた後、運動などをした後で体温が上がっていない時に使用するのがポイントですね。

 

排便を済ませていないと、体温が正確に測ることができないので、ワンちゃんが落ち着いた状態の時に測ってあげましょう。

 

 

ワンちゃんが発熱をしている時は、何かしらのサインがあると思います。

 

いつもより元気がなかったり、呼吸が荒くなっているなどの異変が見られるようでしたら、発熱をしている可能性があります。

 

 

高熱の状態が続いてしまうと、最悪な事態にもなりかねませんので、少しでも不安があればワンちゃんの体のことを第一に考えて病院に連れて行ってあげてくださいね。