無添加ドッグフード

MENU

〜犬のおやつの与え方〜ご褒美をあげるタイミングはココです!

ワンコは、おやつが大好きですよね。

 

僕の愛犬もおやつが大好きです。

 

完全無添加で質の良いフードをあげているので、ドッグフードもよく食べてくれています。

 

 

 

ドッグフード嫌いなワンちゃんはたまにいますが、動物性タンパク質が豊富で高品質なフードなら食べてくれるかもしれません。

 

でも、ドッグフードを食べてくれないからといって、おやつを沢山あげてしまうのはNGですよ。

 

主食は、あくまでもドッグフードがメインですし、フードの方が栄養が満点ですからね。

 

 

 

おやつは、適度・適量に与えるのを心がけましょう。

 

おやつを与える量の理想は、1日に必要なカロリーの10%〜20%が目安です。

 

 

 

ドッグフード以外にも手作り食などの食べ物を与えている方は、全体の10%〜20%に抑えるようにしてくださいね。

 

おやつの与え過ぎは肥満の原因になりますし、健康に良くないので、絶対にしてはいけません。

 

 

 

そのおやつの与え方ですが、良いことをした後にご褒美としてあげるのが基本です。

 

「お座り」や「お手」などの「しつけ」をした後に、与えるのが良いですね。

 

愛犬に、おやつをご褒美として貰える理由を理解してもらうことが大切なのです。

 

 

 

 

おやつは、あくまでも『特別なエサ』としてわかってもらうことが重要となってきます。

 

逆に、おやつを与えすぎていると、ありがたみがなくなってしまうんですね。

 

そうすると、1日のうちに何度もおやつをオネダリをしてくるようになってしまいます。

 

 

 

世界でたった1匹の可愛い愛犬ですから、ついついおやつを与えすぎてしまう気持ちはわかります。

 

しかし、そこは心を鬼にして我慢しましょう。

 

今はしょっちゅう、おやつのオネダリをしてくるワンちゃんも「おやつはご褒美として食べることができるモノ」として学んでくれると思いますよ。

 

 

 

それも、飼い主さんであるあなた次第になります。

 

犬は可愛いだけでなく、忠実で賢い動物ですから、きっと飼い主さんの思いは少しずつ伝わってくれると思います。

 

最初は、いつものようにオネダリをされると思いますが、徐々には「おやつを貰える正しいタイミング」を理解してくれるでしょう。

 

 

 

「ご褒美としておやつがもらえるんだ♪」と理解した上で、おやつを食べてもらった方が喜びもアップしてくれると思います。

 

また、しつけをする度におやつを与えていると、結構な量になってしまうこともあります。

 

 

 

その場合は、1回に与えるおやつの量を減らすのがオススメです。

 

例えば、おやつをちぎったり、細かくしたりと、少し工夫して与えると良いですね。