無添加ドッグフード

MENU

〜犬に与えるおやつの量と回数〜1日の目安はどれぐらいが良い?

おやつは、愛犬とのコミュニケーションを取ったり、美味しいおやつはストレスの解消として効果があります。

 

僕が知る限りでは、おやつが嫌いなワンちゃんは聞いたことがありません。

 

ちょっと癖のあるガムとかのおやつは、好きではないワンちゃんはいたりしますけどね。

 

 

 

そんな愛犬に与えるおやつの量や回数の基準がイマイチわからないという方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

基本的には、おやつのパッケージの裏面に記載されている「1日にあげるおやつの量」を目安にあげていれば良いと思いますが、より厳密に健康管理をしたいならば、カロリーを気にする必要があるんですね。

 

 

 

 

1日に与えるおやつの量は、1日全体の食事量の10%〜20%が適正です。

 

この10%〜20%の範囲以内であれば、おやつを与える回数は気にしなくても良いと思います。

 

 

 

ただ、一度にたくさんあげてしまうとあっという間に1日のおやつ分を与えてしまいかねません。

 

そうすると、「もっとちょうだい!」とワンちゃんがオネダリをしてくるかもしれないですね。

 

 

 

その場合は、おやつを小さくちぎったり、細かくしたり、与える回数は多くすると良いかもしれないですね。

 

僕はこのやり方で与えていますよ。

 

また、低カロリーなおやつを与えるのもオススメです。

 

 

 

ワンちゃんに与える食事として、「総合栄養食であるドッグフード」「手作り食」「おやつ」などがあります。

 

1日あたりのカロリーが500カロリー必要だと仮定した場合は、おやつの量は50カロリー〜100カロリーの範囲に抑えることが大切になってきます。

 

 

 

1日あたりに必要なカロリーは、ワンコの体重、犬種、超小型犬、小型犬、中型犬、大型犬、超大型犬によって変わってきます。

 

また、その日の体の具合やうんちの状態によっても適正カロリーは変わってきますので、判断が難しかったりします。

 

 

 

同じ犬種でも、体が標準よりも小さかったり、大きかったりする場合もありますからね。

 

ですから、愛犬の1日に必要なカロリーを詳しく知りたいという方は、獣医さんに相談されるのが一番良いです。

 

 

おやつの量を1日全体の食事量の10%〜20%にするといっても、愛犬に必要な1日あたりのカロリー量を知っておかないと始まりませんからね。

 

 

最後に、大切な家族の一員である愛犬に与えるドッグフードやおやつは完全無添加にこだわった方が良いと思います。

 

体への負担は蓄積されてしまいますから、なるべく体に優しい食事をさせてあげてくださいね。