無添加ドッグフード

MENU

犬の食物性アレルギーと食べ物について

犬も人と同じように、食べ物によってアレルギーを引き起こしてしまう食べ物があります

 

アレルギーが起こってしまう原因が「アレルゲン」によるものです。

 

 

しかし、ワンちゃんの個体差・体質・犬種などによって「アレルゲン」になりやすい食品が違っており、どの食品が「アレルゲン」となり、「アレルギー」を引き起こしてしまうのかと断定することはできません

 

 

つまり、僕の家で飼っている愛犬とあなたの家で飼っている愛犬とでは、アレルギーになる「食べ物」が違う可能性があるということになります。

 

でも、大切な家族である愛犬には食物アレルギーにならないでいてほしいですよね。

 

 

そこで、アレルギーの原因であるアレルゲンとなりやすい食品をまとめて紹介しておきたいと思います。

食物アレルギーになる可能性がある食品

肉類:牛肉、鶏肉、豚肉

 

穀物:とうもろこし、大豆、小麦、ライ麦、オーツ麦

 

乳製品:卵、牛乳、チーズ

主にこれらの食品が食物アレルギーになりやすい食べ物だと言われています

 

それから、もちろん保存料や着色料などの人口添加物も危険ですね。

 

 

こう見てみると、ワンちゃんに与えているドッグフードの原材料として使用されている食品が多いように思われます。

 

アレルギーの症状が出ていなければ問題ないと思いますが、数年間与え続けているとワンちゃんの体に負担がかかってくる可能性も考えられるので、ドッグフードを切り替えるかどうかは難しいところだと思います。

 

 

その理由が、良質だとされるドッグフードにもこれらの原材料が一部使用されていることもあるからです。

 

僕が紹介している無添加ドッグフードである「カナガンドッグフード」や「ネルソンズドッグフード」ではチキンを主原料として使用していますからね。

 

 

チキンはワンちゃんの大好物・高タンパク質なので、食いつきの良い原材料でもあります。

 

しかし、万が一食物性アレルギーと思われる症状が表れてしまったら、直ちに動物病院での診察を受けることをおススメします。

食物性アレルギーの症状

食物性アレルギーになりやすい食品について紹介しましたが、ワンちゃんにどのような症状が出てしまったら、アレルギーの可能性があるのかわからないという方もいらっしゃると思います

 

そこで、食物性アレルギーの疑いがある症状についてまとめてご紹介します

食物性アレルギーの見分け方

下痢

 

嘔吐

 

抜け毛・脱毛

 

皮膚炎

 

かゆみ

 

体に炎症が起きる

 

うんちが柔らかくなった

 

食欲・水を飲む量が変わった

これらの症状が出た場合は、食物性アレルギーが疑われる可能性があります

 

他の病気の症状でも似た症状が表れることがあるため、絶対とは言い切れないですが。

 

 

いずれにしても、このような症状が突然出てきてしまったときはすぐにお近くの動物病院を受診した方が良いでしょう。

 

対応が早ければ、治る可能性も高いですし、原因が不明でない限り、獣医さんが適切な対処法を教えてくれると思いますからね。

「食物性アレルギー」と「食物不耐性」

「食物性アレルギー」と似た症状として「食物不耐性」という症状があります

 

食物性アレルギーと食物不耐性とまったく違うものです。

 

 

食物不耐性がよく起こる食品は牛乳などの乳製品を食べた時に嘔吐や下痢などを引き起こしてしまいます

 

これは、ラクトース不耐性(乳糖不耐性)とも呼ばれたりしている症状ですね。

 

 

ワンちゃんには乳糖を分解する酵素を体内に持っていないため、このような症状が起きてしまう可能性もあります。

 

牛乳を飲んでも全然平気!だというワンちゃんもいれば、食物不耐性の症状をお越してしまうワンちゃんもいますが、できるだけ乳製品は与えない方がいいと思います。