無添加ドッグフード

MENU

散歩中の拾い食い、お庭の草花にも注意!〜犬の有害植物〜

散歩をしている時に、ワンコが草花を食べていることはありませんか?

 

僕の愛犬も、以前までは食べていた事があります。

 

ちなみに、犬が草花を食べる理由として、体調を整えたり、ストレスを感じていることなどが考えられています。

 

 

また、ワンちゃんによっては草花に限らず、地面に落ちているものを拾い食いしてしまっている場合もあると思います。

 

地面に落ちているものについては、ちゃんとしつけて食べさせないようにしてあげる必要がありますね

 

 

衛生的にもよくありませんし、どんなものなのかもわからないですし、それを飲みんこんで食べてしまうのは、あまりに危険です。

 

それから、草花を食べるのも実は良くないことなのです。

 

 

その理由は、お題にもあるように「犬にとって有害となる植物があるから」なんですね。

 

体調不良になってしまうだけでなく、最悪重い病気や命を落としてしまう危険な直物もあります。

 

そこで、どのような植物が犬にとって有害であるのかご紹介したいと思います。

 

※以下に記載している有害植物はほんの一例に過ぎませんので、その点はご了承ください。

アサ アサガオ アサツキ アザレア アジサイ アセビ アマリリス アボガド アンズ アーモンド アヤメ アルファルファ アロエ イカリソウ イラクサ イエロージャスミン イチイ イヌサフラン イチジク イチヤクソウ イボタノキ ウルシ ウメ ウマノアシガタ エンレイソウ エゴノキ オキナグサ オシロイバナ オトギリソウ オニドコロ オダマキ オモト オニユリ

 

カルミア カラー カラスビシャク 桔梗(キキョウ) キツネノカミソリ キツネノテブクロ キツネノボタン キバナハウチマメ キョウチクトウ キナ キバナフジ キケツネノボタン クリスマスローズ クサノオウ クワズイモ ケシ ケマンソウ コカ コウモリカズラ ゴクラクチョウカ コクサギ コブシ コバイケイソウ

 

サツキ  ザクロ さくらんぼ シキミ シクラメン シャクナゲ シュロソウ シャクヤク ジンチョウゲ ショウブ 鈴蘭(すずらん)  スイートピー スパシフィラム スイセン スモモ セイヨウキョウチクトウ セイヨウキヅタ センダン ソテツ

 

タケニグサ チューリップ チョウセンアサガオ ツクバネソウ ツツジ デイジー テッポウユリ ディフェンバギア  トウゴマ ドクウツギ ドクゼリ トチノキ ドクニンジン ドラセナ トリカブト ダイオウ ツリフネソウ トウダイグサ

 

ニセアカシア ニチニチソウ ノウルシ バイケイソウ ハシリドコロ ハナヒリノキ ハゼノキ ハンチョウヅル パンジー ヒアシンス 彼岸花 ヒエンソウ ヒイラギ ヒナゲシ ヒヨス ヒヨドリジョウゴ フィロデンドロン フジ フクジュウソウ ブナ プリムラ ベゴニア ベラドンナ プレカトリービーン ポインセチア ホウセンカ ボタン ボトス

 

マーガレット マサキ マムシグサ ミゾカクシ モクレン ヤナギタデ ヤマシャクヤク ヤツデ ユリ ユズリハ ヨウシュヤマゴボウ
ランタナ ラッパスイセン ルバーブ ロベリア ワラビ ワケギ

これらの草花は、身近に生えているものもありますよね

 

また、観葉植物なども犬にとって有害植物となり得るものもありますので、注意が必要です。

 

 

こんなに多くて全部見てられない…と思った方も中にはいらっしゃると思います。

 

僕も一つ一つ把握できているわけではありませんからね。

 

 

まとめますと、散歩中の草花を食べる行為、拾い食いしてしまう行為は全てNGだということです。

 

害のない植物もありますが、食べさせないようにしておいた方が良いと、僕は思いますね。

 

 

万が一、有毒となる植物を食べてしまったら、後悔することにもなりかねませんので。

 

とはいいましても、道に生えている草を食べてしまっているワンちゃんは、けっこう見かけます。

 

 

ですから、心当たりがある方はこの機会に食べさせるのをやめるようにしつけてあげてくださいね。