無添加ドッグフード

MENU

国産ドッグフードと外国産ドッグフードは、どちらが良いの?

国産ブランドは良いイメージがありますよね。

 

例えば、食べ物だったり、家電だったり、車だったり…etc。

 

 

 

いずれも、「高品質」「安心」「安全」なイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

少なくとも、僕は日本で作られた食べ物やモノに関しては良いイメージがありますし、満足度も高いです。

 

 

 

それでは、日本国産のドッグフードはどうなのでしょう。

 

なんとなく、安心・安全で信用できるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、現実は違います。

 

 

 

もちろん、日本国産でも良いドッグフードはありますよ。

 

けれど、僕が知る限りでは一部の完全無添加のドッグフードだけです。

 

 

 

日本国産ドッグフード=安心・安全・高品質なドッグフードというわけではないのが現状なのですね。

 

「でも、どうして国産のドッグフードを愛犬に安心して食べさせてあげることができないのか」これからご紹介していきたいと思います。

 

日本国産ドッグフードがオススメできない理由

国産ドッグフードがあまりオススメできない理由は、ペットフードの安全基準が低いからです。

 

2009年6月1日に「ペットフード安全法」という法律ができましたが、ペット先進国の安全基準と比べると安心できるレベルではありません。

 

 

 

人間が食べる食材についてはきちんとした法律があるのに、どうしてペットが食べる食べ物には厳格な安全基準が施工されていないのか?と疑問に思いますよね。

 

 

今は、ペットを家族のように想い、飼っている人も多いです。

 

今後、よりペットのことを考えた法律ができてくれることを願うばかりですね。

 

 

 

反対に、ペット先進国で有名なドイツ・スイス・イギリスなどの国では厳格な安全基準が設けられているのです。

 

そのため、全ての外国産のドッグフードが安心・安全と言えるわけではありませんが、ペット先進国の無添加ドッグフードなら安心・安全である可能性が高くなります。

 

 

 

高品質な外国産ドッグフードの唯一のデメリットといえば、「価格の高さ」でしょうか。

 

けれども、大切な家族である愛犬の健康を考えたら、高くないと僕は思っていますけどね。

 

僕の愛犬には、信用できるイギリス産の無添加ドッグフード通販店からお取り寄せしてをあげていますよ。

 

 

 

なぜ、わざわざ通販しているのかと言いますと、ネット通販でしか購入できないからです。

 

添加物や保存料などを使用すれば、賞味期限は長くなりますが、健康被害になりリスクも高まります。

 

高品質な外国産ドッグフードには、添加物や保存料が使用されていないため、賞味期限が短くなっているのです。

 

 

 

つまり、外国産の無添加ドッグフードは賞味期限などの管理をするのが難しいことから、ネットでしか販売されていないのですね。

 

 

それでも、定期購入をすれば、お得に通販することができますし、我が家の愛犬も毎日健康で毛艶・毛色も良く、美味しそうに食べてくれていますよ。

 

 

これからも、外国産の完全無添加ドッグフードにこだわりを持ってあげ続けたいと思っています。