無添加ドッグフード

MENU

狂犬病の予防注射は、毎年行うのが義務です。

「狂犬病予防法」という法律が日本にはあり、年に1回、毎年予防注射を動物病院に行って受けることが義務付けられています

 

 

狂犬病の注射について、任意だと思っている方もいらっしゃいますが、飼い主の義務なので毎年必ずワクチン接種を行うようにしましょう。

 

 

愛犬の健康状態によって、狂犬病注射を受けなくても良い場合もあります。

体の弱い愛犬、病気にかかってしまった愛犬、高齢の愛犬にとっては注射は身体的に辛いことです。

 

そのような愛犬には、獣医さんにそのことを説明すれば、獣医さんの判断で、狂犬病注射を受けなくても良い書類を書いてくれますので、その場合は予防接種を受けなくても大丈夫です

 

 

また、中には体が弱くても免除の書類を書いてくれない獣医さんもいると思いますので、その場合は他の動物病院に行って説明をしましょう。

 

中には、狂犬病注射の免除をしてもらうことができるワンちゃんもいます。

 

そのことを踏まえた上で、狂犬病・狂犬病注射について紹介していきたいと思いますね。

動物病院には行くようにしましょう。

狂犬病は必ずしも発症する病気ではありません。

 

そのため、動物病院にも行かずに、予防注射を受けていない飼い主の方がいるのも事実です。

 

 

今はワンちゃんを飼っている世帯は非常に多いですから、国が1世帯あたりキチンと狂犬病予防注射を受けているか把握することはできませんからね。

 

ですから、飼い主の方が責任を持って愛犬の狂犬病予防注射を受けさせてあげなければならないのです。

 

 

でも、注射が大嫌い!動物病院が大嫌い!というワンちゃんも中にはいらっしゃると思います。

 

僕の愛犬は諦めているのか、落ち着いて注射を受けてくれますけどね。

 

 

けれども、獣医さんに話を聞くと注射を怖がり、その場でおしっこやうんちをしたり、噛み付いてくるワンちゃんもいるみたいなのです。

 

そんなワンちゃんには猿ぐつわを付けて注射をするみたいですけどね。(これはちょっと可愛そうですよね…。)

 

 

ワンちゃんにとっては、辛く・怖いことかもしれないですが、愛犬の命・人の命に関わる病気ですので、狂犬病予防注射は必ず受けるようにしましょう。

狂犬病ってどんな病気?

狂犬病は発症してしまうと100%死に至る恐ろしい病気です。

 

愛犬はもちろん、狂犬病を発症した人も同じです

 

 

ちなみに、狂犬病は犬・人以外にも哺乳類全体に発症してしまいます。

 

だからこそ、日本には「狂犬病予防法」という法律があって、毎年必ず予防ワクチンを接種することが義務付けられているんですね。

 

 

また、狂犬病にかかってしまったワンちゃんは性格までも変わってしまい、苦しんで亡くなってしまいます。

 

普段は温厚なワンちゃんでも狂犬病にかかってしまうと、ウイルスにより攻撃的になり、噛み付いたり、吠えたりしてしまうのですからね。

 

 

そんな狂犬病も、予防注射を毎年受けていれば未然に防げる病気です。

 

それでも、予防注射を受けていないどころか、動物病院にも行っていない人がいるのも事実なんです。

 

 

その背景にあるのは、「予防注射を受けていなくてもバレないこと」「動物病院に行くのがめんどくさいため」「お金がかかるため」だと思います。

 

僕の周りでも、室内で飼っているワンちゃんには狂犬病の注射を受けてない方がけっこういますからね…。

 

 

その中でも一番多い理由は、お金です。

 

 

でも、狂犬病にかかるお金はそれ程高くありません。

 

お住まいの地域や動物病院によってかかってくる値段の差はあるかもしれませんが、僕の行きつけの動物病院では「3500円」です。

 

 

人が通う病院には保険がきいて、価格が安く受診・処方薬をもらうことができますが、ワンちゃんの病気には保険が基本的にはきかないため、高額負担になる場合がよくあります。

 

そのことを考えると「3500円」という価格は良心的な値段だと思います。

 

 

狂犬病は、かかってしまったワンちゃんだけではなく、噛まれてしまった人や動物にも感染し、100%死に至る怖い病気です。

 

そのため、国がなるべく多くの人に狂犬病注射を受けてもらおうと、このような価格で受けることができるようにしたのではないかと、僕は思っています。

高齢犬のワンちゃん、持病があるワンちゃんは狂犬病注射を受けなくても良い場合もあります。

※狂犬病を受けなくても良い場合があることについては、冒頭でも説明しましたが、重要なこと(愛犬の体にとって)なので、改めて説明させていただきたいと思います。

 

狂犬病は国が定める法律で、毎年受けなくてはいけないとされています。

 

ですが、生まれつき体の悪いワンちゃんや高齢になってしまったワンちゃんを飼っている方もいらっしゃると思います

 

 

そのような場合は、獣医さんにそのことをキチンと説明すれば、お医者さんが狂犬病注射免除の書類を書いてくれることがあります

 

なので、狂犬病免除の書類を書いてもらえば、狂犬病注射を受けなくても問題ないというこ

とになるのです。

 

 

注射はワンちゃんの体にとって、刺激が強いモノですからね。

 

体の弱いワンちゃん、体が弱ってきてしまったワンちゃん、高齢のワンちゃんを飼っている飼い主の方は、獣医さんに相談すれば、適切な対応をしてくれると思いますよ。

 

 

ただ、あまり言いたくないですが、中には評判が良くない・お医者さんとしての腕に疑問がある獣医さんがいるのも事実です。

 

その場合は、他の動物病院に行って、相談をすることをおススメします。