無添加ドッグフード

MENU

無添加ドッグフードは、本当に添加物が入ってなくて安全なの?

今は、ワンコを飼っている家庭が、本当に増えましたよね。

 

通勤中や仕事帰りに散歩しているワンコを見ない日はほとんどありません。

 

ワンコもこちらを見てくることが多いので、僕も少し目で追ってしまいます(笑)。

 

 

 

それから、ワンコを家族同然に想う方が多くなってきたように感じます。

 

外で飼うのではなく、家の中で飼っている方が多いですからね。

 

嬉しいことです。

 

 

 

愛犬にいつまでも健康で元気にいてもらいたいと思っている飼い主さんは多いですね。

 

そのために、欠かせないのが愛犬の食生活です。

 

食生活の中で、一番大事なのが総合栄養食であるドッグフードになります。

 

 

 

愛犬の健康志向から無添加ドッグフードを与えている飼い主さんも多いと思います。

 

でも、無添加のドッグフードを与えていれば、必ずしも安心・安全というわけではありません。

 

その理由を以下で詳しくご紹介したいと思いますね。

 

無添加ドッグフードが必ずしも、安全とは言い切れない理由について

愛犬の健康を気遣う飼い主さんが増えてきたとともに、無添加ドッグフードの需要も高くなってきました。

 

家族には、体の良い・体に優しい主食を食べさせてあげたいですからね。

 

それに伴い、店頭やネット通販で「無添加」を謳うドッグフードメーカーがたくさん出回るようになりました。

 

 

 

しかし、全ての無添加ドッグフードが良質なドッグフードとは限らないのです。

 

それは、ドッグフードを製造・加工する過程で添加物を使用しないだけでも、無添加となるからです。

 

一見、問題ないように思えますが、そうではありません。

 

 

 

ドッグフードには「鶏肉」「馬肉」「ラム肉」「鹿肉」「魚」などの原材料が含まれていますよね。

 

その原材料となる鶏、馬、羊、鹿、魚などを育てている環境では添加物を使用している場合もあるのです。

 

 

 

つまり、ドッグフードに加工する時は添加物を使用していなくても、原材料が育った環境で添加物が使用され、その結果、原材料が添加物まみれになっていることもありえるんですね。

 

 

 

なので、動物性原材料だけでなく、果物、野菜、穀物などのドッグフードの原料を全て一貫して生産・管理している無添加ドッグフードを選ぶことがポイントとなります。

 

 

 

詳しくは、無添加ドッグフードの公式サイトを見ればお分かりになると思いますよ。

 

原材料の生産からドッグフードが出来上がるまでの過程がしっかりと記載されているドッグフードならば安全だと言えるでしょう。

 

無添加ドッグフードだからといって、全ての無添加ドッグフードが安全というわけではありませんので、騙されないようにしてくださいね。