無添加ドッグフード

MENU

ミニチュアダックスフンド

ダックスフンドより一回り小さい犬種が、ミニチュアダックスフンドですね。

 

最近は、小型犬の人気がとにかく高いように思います!

 

 

ミニチュアダックスフンドにも色々な被毛のタイプがありますが、日本で最も人気なのが右の写真のロングヘアーミニチュアダックスフンドですね。

 

 

 

平均寿命も13歳〜16歳と長く、大切に飼われてあげれば、長生きしてくれます。

 

僕のおばあちゃんも飼っていましたし、人懐っこくてとても可愛らしかったですよ♪

 

 

 

そんなミニチュアダックスフンドの原産国は、ドイツです。

 

ダックスフンドは、もともとは狩猟犬でした。

 

狩猟犬から、今では家庭で飼われるようになったワンちゃんはけっこうたくさんいたりします。

 

 

 

ちなみに、ダックス=アナグマ、フント=犬から「ダックスフンド」と言うんですね。

 

フンドではなく、フントなのはドイツ語では「フント」と発音するからです。

 

 

 

農作物などを食べてしまうアナグマ対策として活躍をしていたのがダックスフンドでした。

 

アナグマは小さい巣穴で生活をしています。

 

胴が長く、手足が短いダックスフンドは、アナグマ狩りに最適だったんですね。

 

 

 

そんなダックスフンドも、ミニチュアダックスフンドも今ではすっかりペットとして人気者になりました。

 

当時からも愛されていたと思いますが、現在に至るまで愛され続けていたとは先人たちも思っていなかったかもしれないですね。

 

ミニチュアダックスフンドの性格は被毛によって変わってくる?!

ミニチュアダックスフンドの性格は、被毛によって変わると言われています。

 

これは、ちょっと珍しいことですよね。

 

被毛の種類は「スムースヘアー(短毛)」「ロングヘアー(長毛)」「ワイヤーヘアード(短い剛毛)」などがあります。

スムースヘアーミニチュアダックスフンドの性格は、気が強くて明るいのが特徴です。

 

ロングヘアーミニチュアダックスフンドの性格は、人懐っこくて、温厚なのが特徴です。

 

ワイヤーヘアードミニチュアダックスフンドの性格は、陽気で、気が強く、少し頑固な所があるのが特徴です。

ワンちゃんにも個性がありますので、あくまでも参考程度に考えてくださいね。

 

僕もシェルティーを飼っていますが、性格は環境によって大きく変わってくると思います。

 

あとは、しつけとかですね。

 

 

ミニチュアダックスフンドを飼う上で注意しておきたいこと

ミニチュアダックスフンドを飼う上での注意点は、肥満にさせないことです。

 

全てのワンちゃんに言えることなのですけどね。

 

 

 

ミニチュアダックスフンドは、体型からヘルニアになりやすいのです。

 

ですから、適度な運動をさせてあげることは大切です。

 

ストレス発散にもなりますので、散歩は毎日欠かさずにさせてあげてくださいね。

 

 

 

あとは、食事にも気をつけたいです。

 

できることならば、無添加ドッグフードなどの良質なタンパク質や大切な栄養素が含まれているフードを与えるのが理想だと思います。

 

 

関連ページ

トイプードル
家族以上の存在である我が家の愛犬アリス。
毎日、健康でいられるのは無添加ドッグフードのおかげです。
チワワ
家族以上の存在である我が家の愛犬アリス。
毎日、健康でいられるのは無添加ドッグフードのおかげです。
ロングコートチワワ
家族以上の存在である我が家の愛犬アリス。
毎日、健康でいられるのは無添加ドッグフードのおかげです。
MIX(ミックス)犬
家族以上の存在である我が家の愛犬アリス。
毎日、健康でいられるのは無添加ドッグフードのおかげです。
柴犬
家族以上の存在である我が家の愛犬アリス。
毎日、健康でいられるのは無添加ドッグフードのおかげです。