無添加ドッグフード

MENU

怖い!危険!レンダリングドッグフード

「レンダリングドッグフード」について知っている方もいれば、知らないという方もいらっしゃると思います。

 

タイトルにもある通り「レンダリング」されたドッグフードは怖くて危険なモノです。

 

 

「ドッグフードには粗悪な原材料が含まれたモノもある」ということを既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、その中でも最も恐ろしいのがレンダリングされたドッグフードになるんですね。

 

 

原材料をレンダリングして、販売している業者やメーカーには怒りや悲しみを感じてしまいますよ。

 

以下では、レンダリングについて紹介していますが、愛犬やペットを飼っている方には大変ショッキングな内容になっています

 

 

でも、こういった粗悪なドッグフードも世の中には出回っている現実があることを忘れないでもらいたいので、できれば読んでいただければと思います。

 

レンダリングされたドッグフードに使用される原料

 

それで本題に入りますが、レンダリングされたドッグフードとは、レンダリング工場で死んだ動物の死骸を混ぜるなどして動物性脂肪を作る工程のことを言います。

 

動物性脂肪は大切な栄養素ですが、このような形で含まれるのは本当に腹立たしいことですよね。

 

 

死んだ動物というのは、牛、豚、ヤギ、羊、シカなどの家畜などをはじめ、中には犬や猫などの亡骸も利用している場合があるようです。

 

この記事を書きながらも、もう怒りが爆発してしまいそうです。

 

 

犬や猫、ペット、動物たちの命をなんだと思っているんだ!と言いたいですね。

 

また、どのような形で動物たちが死んだかも定かではありません。

 

 

考えられるのは、「路上等で車にひかれてしまった動物」「感染症・病気にかかって亡くなった動物」「安楽死・殺処分されてしまった動物」などですね。

 

どれも、心が痛くなってしまう亡くなり方ばかりです。

 

 

ですが、中にはこのような亡くなり方をしてしまった動物たちをドッグフードの原料に含んでしまえ!という輩がいるんですね。

 

目を背けたくなりますが、残念ながらコレは現実に起きていることなのです。

 

 

しかし、これは恐ろしいレンダリングドッグフードのほんの一部に過ぎません。

 

そのほかにも「飲食店・レストラン等から出た生ゴミ」「スーパーなどで期限切れの食材(肉・魚など)」「家畜の爪・毛」など人間が食用で食べることができないモノまでもレンダリングして加工されています。

 

 

人間が食用で食べれないものは、犬や猫、ペットも食べることができないと思うんですけどね!

 

こうして、大きな機械で原料を粉々に砕いて、熱処理をして、レンダリングすることで動物性脂肪が抽出されるのです。

 

まだまだ終わりません。

 

 

残った原料は水分を搾り取って、肉骨粉となります

 

 

地球上で一番恐ろしい動物は心無い人間であるということですね。

 

もちろん、心優しい人もたくさんいるのですが、中にはこのような人がいるのが現実なのです。

 

 

このようなレンダリングされたドッグフードは間違っても、家族である愛犬に食べさせてはいけません

 

 

様々な健康被害にかかってしまいますし、最悪死に至るケースもありますからね。

 

愛犬の健康を考えるならば、信頼できるドッグフードを与えるのが望ましいというのは言うまでもありません。

レンダリングされた原材料が、使用されていないか確認しましょう!

ココまで読んでくださった方々は、絶対にレンダリングされたドッグフードは食べさせたくない!とお思いのはずです。

 

そんな方に、必ず見ておいてもらいたいのが、ドッグフードに使用されている原材料です。

 

ドッグフードに含まれている危険な原材料でも紹介していますが、ココではレンダリングされた可能性があるドッグフードの原材料について紹介したいと思います。

ミートミール・チキンミールなどのミール系が含まれている
肉副産物が含まれている
肉骨粉が含まれている

 

これらが原材料として記載があるドッグフードは絶対に買わない方が良いでしょう

 

 

100%レンダリングされた原料とは言い切れないですが、その可能性は極めて高いですからね。

 

 

また、「明らかに安すぎるドッグフード」「賞味期限が長すぎるドッグフード(通常は開封後6ヶ月〜12ヶ月)」「原産国・産地が不明なドッグフード」なども避けておいた方が良いですね。