無添加ドッグフード

MENU

良いドッグフードは人でも食べることができる!

昔から「ドッグフードは人間でも食べることができる」と言われてきましたよね

 

人が食べることができなければ、ワンちゃんが食べれるはずもありませんので、コレは間違いないと言って良いでしょう。

 

 

しかし、全てのドッグフードがそれに該当するわけではないんです。

 

使用されている原材料に「危険な原材料」「レンダリング加工された原材料」が含まれているドッグフードであれば、ワンちゃんも人間も食べることができないですからね。

 

 

人も犬も食べようと思えば、食べることができますが、これらのドッグフードを食べてしまうとあらゆる健康リスクが高まってしまいます。

 

当然のことですよね。

 

 

「添加物」「汚染物質」「農薬」「ホルモン剤」「遺伝子組み換え食品」「人工着色料・香料」といった化学薬品を使用した原材料が入っているドッグフードは絶対に選ぶべきではありません。

 

 

これらの化学薬品は人の体にも影響が出ますし、人よりも体の小さな愛犬にはさらに大きな危険が及びます。

 

さらに、レンダリング(死んだ動物の死骸などを使用)されたドッグフードまで世の中にはあるというのが現状なんですね。

 

 

ワンちゃんの健康のことなんてどうでもよく、「とりあえずドッグフードとして世に出せればいい」と自分の利益しか考えていない業者がこのようなことをしているのでしょう。

 

このような危険な原材料が使用されたドッグフードだけは絶対にあげてはいけません

 

 

そうすることで、悪質な業者も少なからず減っていくと思いますからね。

 

一番いいのは、国がドッグフードも人間の食料と同じように、原材料の規制とかしてくれれば、悪いドッグフードが市場に出回ることもないと思うんですけどね

 

 

しかし、現実は厳しいでしょう。

 

全ての人がワンちゃん、猫ちゃん、動物たちのことを愛しているというわけではないですからね。

 

 

政治家に至っては、「国際問題」「経済」などの政策で手一杯でしょうし。。。

 

無駄な税金を使うぐらいなら、動物たちのことを考えた法律を考えてくれればいいのに…。

 

 

動物たちのための法律だけではないですが、「みんなが関心・納得する政策」を定めることができれば、国民の意識が高まって、投票率ももっと上がると思うんですけどね。

 

 

それから、ワンちゃんやネコちゃん、ペット達が未だに「物扱い」されているのには納得がいきません

 

一昔前までとは違って、ペットを家族の一員として家に迎えている人が多くなってきましたからね。

 

 

ですから、僕の一番の・願い理想は「ペットを同じ人の命と同じ扱いにする」ということです。

 

当然、反論・異論色々な考えがあるのは承知の上ですけどね。

 

 

そうなると、「犬を飼う」という表現の仕方にも問題が生じてしまいますから(汗)。

 

僕の悪い頭では、矛盾・漠然とした考えしか思い浮かばないのが悔しいところです。

 

 

ですから、頭の悪い僕に変わって政治家の皆さんが良い政策案を出してください!

 

こうゆうことを書くと、自分の非力さを感じて、虚しい気持ちになってきてしまいますね。

 

 

なので、難しい政治についてのお話はココでおしまいにします(ーー;)

 

 

後半から、日本の政策への批判(もちろん、賛同すべき政策もありますよ!)になってしまいましたが、愛犬の幸せを考えてあげられる一番身近な存在は僕たち飼い主だということを忘れてはいけません。

 

 

だからこそ、愛犬にはできる限りの健康を祈って、日々愛情を注いであげることが大切なのではないかと思います。