無添加ドッグフード

MENU

有名メーカーブランドのドッグフードが安全とは限りません。

日本は『食』の安全については大変厳しく、徹底した管理のもとで選ばれた食品・食材だけが店頭に並んでいますよね

 

これは、僕たち人間やペット達にとって大変ありがたいことであり、日本人として生まれてきて良かったと常々思っています。

 

 

野菜を例にあげると、形が少し悪かったりするだけで、店頭に並ばないこともありますしね。

 

その他、『食の安全』に対する法律が日本にはありますので、僕たちは毎日安全・健康的な食生活を送ることができているわけです。

 

 

ところが、ドッグフードはどうでしょう?

 

市販やネット通販では、昔からある有名ブランドのドッグフードが販売されていますよね。

 

特に、通販だと持ち帰る必要もなく、リーズナブル価格でお取り寄せできるので最近はこちらを利用している方も多いのではないでしょうか。

 

 

けれども、有名ブランドメーカーのドッグフードが必ずしも安全であると、断言することはできません

 

それから、価格が高いドッグフードもこれと同じことが言えます。

 

 

なぜ、安全ではない可能性があるのかといいますと、ドッグフードは原材料や原材料がどのようにして作られているかが大変重要だからです。

 

有名ブランドメーカードッグフードでも、よく見てみると危険な原材料が含まれているドッグフードや良い原材料とはいえないドッグフードがいくつかありますからね。

 

 

添加物や着色料、肉副産物、肉骨粉などが含まれているドッグフードは論外ですが、意外と見落としがちなのが「アレルギーを起こしやすい原材料」です。

 

その原材料というのが、米・小麦・大麦・とうもろこしなどの「炭水化物」が含まれているものです。

 

なので、炭水化物が多く含まれているドッグフードはおススメできません

 

 

原材料がタンパク質がメインで、穀類が多少含まれている程度なら問題ないと思いますけどね。

 

 

僕たち人間にとっては、炭水化物は欠かせない栄養成分ですよね。

 

そのことから、犬・ネコ・ペットに与えても安心だと思ってしまいがちです。

 

 

しかし、ワンちゃんたちは、炭水化物をうまく消化することができない体の構造になっていて、体に炭水化物が蓄積されていくことで健康リスクを招いてしまう恐れがあるのです

 

犬はもともと肉食動物で、自然界には炭水化物を含む食べ物がないため、遺伝的な要素もあるのでしょう。

 

まとめますと、良いドッグフードは『高タンパク質・低炭水化物』であることが望ましいということが言えます。

 

 

ですから、メイン原材料が炭水化物であるドッグフードは避けたほうが良いです。

 

愛犬の体・健康のことを考えるならば、主原材料がお肉を中心としたタンパク質が多く含まれているドッグフードを選ぶようにしましょう!